初めてでも簡単!個人旅行の航空チケット購入とホテルの予約

スポンサーリンク

パッケージツアーは航空券やホテルが全部セットになっていて旅行代理店が手配してくれますから、出発前に必要な書類を受け取ればいいだけで楽ですよね。

 

しかし、航空会社やホテルが選べないというデメリットもあります。

目的地までの送迎や食事の心配はないですが、その日の体調や気分に合わせて行きたい場所やレストランを選ぶことはできません。

 

その点、個人旅行だと自由にアレンジができます。

一昔前のように電話やFAXを使って慣れない英語を使わなくても、航空券もホテル予約もインターネットで簡単にできる時代です。

それも日本語で。

ツアーで連れて行ってもらうのも安心ですが、自分で作る旅は楽しさも2倍になるかもしれません。

航空チケットの購入

今回は初めての方や個人旅行、添乗員なしで不安な方は日本の航空会社でのチケット購入が一番のおすすめです。

安心できる一番は「言葉が通じる」ことではないでしょうか。

航空会社を決める

英語に不安の方は日本を代表する2社 JALとANAがよろしいかと。

両社は他社と比べて割高と感じられるかもしれませんが、サービスが違います。

 

預けた荷物の扱いも丁寧で機内の温度も違いますし、気配りが全く異なるのです。

外資系航空会社の日本人スタッフが「預かり荷物は100%投げる」と言っていました。

100%ですよ!

お土産のクッキー粉々ですやん…

 

そして、遅延やトラブル等に遭った時も日本語で丁寧に対応してもらえます。

日本の航空会社に慣れると他の国の飛行機に乗りたくなくなりますよね?

 

最初に決めた航空会社でマイルを貯めると他に乗れなくなりますから選ぶときは慎重に。

JALでマイルを貯めたらANAにはなかなか乗りにくくなります、逆にANAで貯めるとJALには乗りにくくなります。

インターネットだと座席も選べる

今は飛行機を予約すると基本、事前に航空会社のホームページから「座席指定」ができるので、好きな席を選べます

「パソコンの画面上で選べる座席ではどうしても不安がある」という場合には、電話でも可能です。

席は順番に埋まっていきますからどの座席を選ぶかは早い者勝ちになります。

また一旦予約しても座席指定は何度でも変更できますからチケット購入と同時に席は確保しておきましょう。

チケットを印刷

チケット購入の支払いが済むとeチケットの控えを印刷することができます。

eチケットとは、これまで紙の航空券に記載されていた内容を、紙の代わりに航空会社のシステム内に記録させるエレクトロニック・チケット(電子航空券)という新しいタイプの航空券です。

eチケットは航空券を持たずに旅行することが可能なため、航空券の紛失・盗難に遭う危険がなく便利です。

また、紛失しても旅行会社や航空会社などで再発行が可能です。

eチケットお客様控えをメールやwebに保存してあれば、プリンターから何度でもプリントアウトできるので安心ですね。

機内サービスを確認

インターネットでチケットを購入した後は、機内サービスの確認ができます。

搭乗する「月」のエンターテイメント(機内上映、音楽)や食事の内容等を事前にチェックすることができて、楽しみも増えます。

国際線の飛行機で見られる映画は各航空会社が別で配給権を得ていて、例え日本発着であったとしても国内扱いにはなりません。

だから飛行機の中で現在公開中の映画や、先行上映で国内映画館より先にみることができるのです。

アメリカで公開されてから日本国内の公開までかなり時間がかかる映画も飛行機のほうが早く公開される可能性が高いです。

ホテルの予約

スポンサーリンク

パッケージツアーでは泊まれない団体客お断りのホテルでも予約できるのが個人旅行の魅力です。

立地もコスパも良い穴場ホテルもみつかるかもしれません。

予約サイトから日本語で簡単に

数々のホテル予約サイトがありますが、同じホテルなのに安いというのは階が下の方(上に行くほど高い)や窓から見える景色によっても変わります。

景色がきれいなお部屋は閑散期でない限りそれほど値下げはありません。

ホテルを決めるときは、まずどこに行くか?

目的を絞るとエリアが決まります。

エリアを決めた後にホテルを決めてください。

 

ホテルから先に決めてしまうと、行きたいところに遠いとか周りに何もないとか困ってしまうこともあります。

エリアを決めたら検索して条件にあうホテルを選んで予約するようにして下さいね。

予約サイトは決済まで日本語で行えますから簡単です。

ホテル予約サイト

ホテルの予約サイトは沢山ありますね。

代表的なサイトを集めてみました。

Booking.com(ブッキングドットコム)

オランダのアムステルダムに本社を置く外資系サイトです。

Hotels.com(ホテルズドットコム)

航空券とホテル予約でお馴染みのエクスペディアの完全子会社で外資系サイトです。

agoda(アゴダ)

シンガポールに本社を置く、アジア圏に強い外資系サイトです。

Expedia(エクスペディア)

航空券も取り扱っていて、航空券+ホテルを予約した場合の「AIR+割」もあります。

DeNAトラベル

航空券のみ、ホテルのみ、航空券+ホテルの予約ができる日系サイトです。

JTB(ジェイティービー)

日本の旅行会社では有名ですよね。

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

【c】【公式】トリップアドバイザー

5 億件以上の口コミが寄せられているトリップアドバイザーで各サイトを比較するのもおススメです。

ホテルだけでなく、レストラン、航空券の予約ができる各提携サイトへも、タップひとつでアクセスできます。

口コミが役に立つこともあると思います!

ホテルに直接予約

予約サイトと値段を比較してみて変わりなければ直接ホテルに予約してみるのもおすすめです。

英語ですが、基本は予約サイトと同じことを行います。

早くチェックインしたい等のリクエストがあれば直接やり取りもできます。

予約情報を印刷

どちらで予約をしても必ず、確認のページもしくはEメールが届きます。

プリントアウトをして必ず持っていきましょう!

まとめ

個人での手配は、初めはドキドキしますが、大丈夫です!

すぐに慣れます。

 

日本からのツアーに組み込まれているホテルはダウンタウン周辺が多く、特に車がないと単独で行動するには絶対に不便な立地だと思うのです。

最近では、ダウンタウンの一角もオシャレスポットとして話題ですが、日本人が大好きなビバリーヒルズのロデオドライブまでは車で40分くらいかかります。

ガイドブックや旅行代理店のおすすめ以外にもステキなホテルがロサンゼルスには沢山あるのです。

ホテルの予約サイトや検索で調べると沢山ヒットしますから、チャレンジしてみる価値ありだと思います。

 

飛行機関係の記事はこちらから

⇒ 時間の節約![日本-ロサンゼルス]直行便の運航はこの6社

⇒ エコノミークラスの世界ランキング上位!の航空会社はここ!

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。