緊張しないでスルー!日本の出入国や税関審査の流れと注意点

スポンサーリンク

海外旅行に行く際には

必ずしなければならないのが、出入国手続きです。

難しいことではありませんが、

経験が少ないと手続きで戸惑うこともあると思います。

 

空港で緊張や慌てたりしない為には

旅行前に流れを知っておくとスムーズです。

 

空港に着いてからチェックイン後

飛行機に乗るまでの流れをまとめてみました。

日本から出国時

チェックインを済ませたらすぐに搭乗できるのではありません。

日本から出国する手続きが必要です。

保安検査場(セキュリティチェック)

チェックイン後は、保安検査場(セキュリティチェック)へ進みます。

一旦中に入ると後戻りはできないので、注意してくださいね。

 

搭乗券に書かれている搭乗ゲートは出発便の案内板で確認ができます。

ゲートに近い保安検査場へ進みましょう。

 

ここではパスポートと搭乗券を確認されるので、

すぐに取り出せるようにしておくとスムーズです。

 

保安検査場(セキュリティチェック)の目的は

 

「危険物の持ち込みをしていないか」

「違法なものを持ち込んでいないか」

 

などを検査し、安全のために行われます。

金属探知機のゲートを通る

ゲートを通る前にポケットの中身や身に着けている金属類は

専用のトレイに入れます。

ベルトやアクセサリー、時計など引っかかりそうなものは

簡単に外せるようであれば専用トレイに入れているほうがいいかも。

※ベルトのバックルで鳴るときはよくあります。

 

コートや上着、ジャケット類も脱いでトレイに入れます。

女性の場合はスカーフも外してくださいね。

※ファスナーがついている上着は反応する可能性が高いです。

 

日本は靴まで脱がなくてもいいですが

底の厚い靴やブーツは脱がされることもあるので注意。

 

センサーに引っかかると係の職員さんから

ボディチェックや金属探知を受けて

再度ゲートをくぐらされて、反応が無くなるまで繰り返します。

 

あまりにもセンサーに引っかかると

別室で念入りに調べられることになりますから

予め準備しておくとスムーズに通過できます。

X線で手荷物の中身を検査する

X線で手荷物の中身をスキャンして確認されます。

決められた物だけを持ち込んでいる場合は、

滅多に検査はされませんが

ランダムに選んで検査をする事があります。

 

選ばれたら素直に係の職員さんの指示に従い

協力してあげてくださいね。

 

パソコンを持っていたら

ゲートを通る前に出し専用トレイに置きます

以下の禁止されていたり制限されている物は

持ち込まないように注意してください。

禁止されているもの

・引火性・毒性ガスを使用したスプレー
・液体バッテリー
・火薬を使用したもの
・ペンキ・漂白剤などの液体物
・刃物

制限されるもの

・リチウム含有量が2g以上、もしくは160Wh以上のリチウム電池

・複数個のライター

ライターは機内に1個だけ持ち込むことができます。

※ライターをスーツケース等の預ける受託手荷物に入れることは一切出来ません

・100ml以上の液体物は持ち込めません。

100ml以下のものでも縦横合計40cm以内のジッパー付き透明袋に入れる必要があります。

また、液体物を入れた透明袋は1人につき1個までです。

※液体物とは薬や化粧品などのジェル状のもの、歯磨き粉なども含まれます。

10数年前に「おかず味噌」を没収された事があります。

食品の中でもペースト状のものを持っていく時は

スーツケースに入れて預けましょう。

※飲み物はセキュリティチェックの後、免税店や売店などで買えるので安心してください。

税関

関税はどの国でもあります。

目的は「この国になにかを持ち込んで利益を得るときには税金をかける」ということです。

ハイブランドの財布を持っていても使用品には関税はかかりません

100万円以上するもの等は使用品でも高額で売買されますので、

持ち込む時に申請し、出国する時に確認されます。

 

時計や貴金属で高額な商品は出国前に申請しておかないと

入国時に関税がかかってしまうかもしれません。

また、帰国時に大量にお土産などを持っていると、

税金がかかりますので注意しましょう!

 

また、外国で購入したタバコやお酒などの持込制限が厳しいです。

外国製の品物

関税対象として目をつけられそうな物は

何十万円もする外国ブランドの腕時計や

バッグ、アクセサリーといった高額商品の新品に近いものです。

※数百円や数千円程度の安価な外国製品などは特に届では必要ありません。

 

自分のものか、今回の旅行で買ったものかどうかの区別は

税関側ではわかりませんから

日本から持ち出す時には「外国製品の持ち出し届」を書いて

持っている現品確認してもらい、税関の印をもらいます。

 

この書類は帰国時の証明として使いますので

旅行中になくさないようパスポートと同じく大事に保管しましょう。

 

もし、申告しなかったり、届けを紛失したような場合は

帰国時に「輸入」とみなされて自分物であっても

証明がないと関税を払わないといけなくなります

総額100万円を越える現金、トラベラーズチェック

多額の現金の持ち出しは、マネーロンダリングなどの

国際犯罪の手段ともなるので、厳しくチェックされます。

 

高額を持ち出す場合には「支払手段等の携帯輸出・輸入届出書

という書類を書いて提出しないといけません。

 

旅行に行く際の多額の現金の持ち歩きは非常に危険です。

特に必要がなければ、適度な現金と

クレジットカードがおすすめです。

出国審査

保安検査場を通過すると、出国審査を受けます。

一人ひとりの審査ですが、子供連れの場合は

一緒に審査を受けることも可能です。

 

順番が来たら、パスポートと搭乗券を提示します。

この時にパスポートのカバーをつけていれば

外してパスポートのみ提示します。

 

パスポートの写真と顔を照合され、

パスポートに出国スタンプを押されて、審査は終了です。

 

この瞬間から日本を出国したことになり

空港の売店や機内での買物に消費税はかからなくなります。

自動化ゲートで出国審査を受けることも

日本でも、成田空港(第1・2ターミナル)、羽田空港、

中部空港、関西国際空港に自動化ゲートが設置されています。

夏休みや年末年始、GWなどの時期になると、

出国審査は混雑するために自動化ゲートが導入されているのです。

 

自動化ゲートを利用する際には、申請書を記載して利用者登録を行います。

ゲートでパスポートと指紋を照合させて本人確認をし、出国手続きをします。

この時パスポートに認証スタンプは押印されません。

日本に帰国時

スポンサーリンク

やっと日本に着いてほっとしますが

最後に入国審査があります。

ここを通過して日本に戻ってきた事になるのです。

帰国の機内で

日本人が日本へ帰国する場合、入国カードの記入は不要ですが

「携帯品・別送品申告書」を提出しなければなりません。

 

税関では、空港などの税関検査場において、

海外から帰国する全ての人に輸入が規制されている

物品の有無や免税範囲を超える物品の

有無等について確認をしています。

 

以前は免税範囲を超えたり別送品がないと

「携帯品・別送品申告書」の提出は不要で

口頭で申告手続をしていたのですが、

テロの未然防止等を図りつつ、迅速かつ適正な通関を行うために

平成19年7月から、日本に入国(帰国)する全ての人

「携帯品・別送品申告書」を提出しなければいけなくなりました。

 

申告書は帰りの機内で配られますし、空港にもあります。

またダウンロードし、印刷して事前に入手することも可能です。

日本帰国時の申告書もダウンロードと印刷で事前入手できる!

検疫検査

海外から帰国して最初の入国手続きをする窓口は検疫所です。

検疫所では、海外渡航中に体調を崩したり

医師や看護師による健康相談や

感染症の疑いのある人は検査が必要です。

 

海外には、日本では耳慣れない病気が流行している地域も多く、

なかには命にかかわる病気もあります。

旅行中に発熱、咳、下痢などの症状があった場合や

動物に咬まれたり、蚊に刺されたなど健康上心配なことがあれば

必ず、係の人に相談して下さい。

 

何もなければそのまま通過できます。

 

※検疫感染症等の流行地域(国)からの帰国の場合は

 必要に応じて入国時に質問票を提出しなければいけません。

入国審査

パスポートを入国係員へ渡し、帰国のスタンプを押してもらうだけです。

簡単です!

ここを通過すると日本に戻ってきた事になります!

荷物の受け取り

ターンテーブルから流れてくる自分の荷物を自分で取ります。

間違えて他の人の荷物を取らないようにタグを確認して下さいね。

もし、荷物に破損があったり荷物が出てこない等があれば

この荷物受取所にあるカウンターへ行き、必要な手続きをして下さい。

動物・植物検疫

税関へ進む前にもうひとつ。

荷物受取所に動物・植物検疫カウンターがあり

フルーツ、花などの植物やビーフジャーキーなどの

肉製品などを持ち込む際には、動物・植物検疫の手続きが必要です。

税関検査

免税範囲内で別送品もなく、

申告するものが無い場合は、緑のランプ

がついているカウンターへ進みます。

 

 

免税範囲を超えているかわからない、または超えている、

別送品があるなどの場合は赤のランプ

もしくは、緑と赤が両方ついているカウンターへ。

係の人にパスポートと荷物を提示します。

 

医薬品、化粧品などについては、輸入者個人が使用するものであっても、

輸入数量の制限があります。

化粧品や石鹸等は1品目24個以内等決まりがありますから

購入予定がある場合は事前に確認して置いてください。

まとめ

日本の出入国も厳しくチェックはされますが

言葉が母国語ですから他の国よりは

緊張が少ないかもしれません。

 

でもなぜか

何も無いのに毎回ドキドキします。

 

出国時に気をつけたい事は、意外なものが

没収の対象になってしまうことがあることです。

 

必要な物のみ手荷物として

持っていくことをおすすめします。

 

入国時はごまかさずに申告のある人は

申請をするようにしましょうね。

 

アメリカの入国についての記事はこちら

⇒ 知っていると安心!アメリカの入国審査と事前申請に必要なものは?

⇒ 知らないと没収も!アメリカに持ち込み禁止の食べ物リスト

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。