家族旅行にピッタリ!ラスベガスは街全体がテーマパークです

スポンサーリンク

世界一のギャンブル都市ラスベガスが

平成以降に進めたのは脱カジノ依存の街づくりです。

 

テーマパークのようなホテルや充実したショーを増やし、

カジノを全く利用しない観光も可能になってきています。

 

家族連れで行っても何日でも楽しめ

街中がテーマパークのラスベガスの

魅力をご紹介しようと思います。

脱!カジノ

Photo by Nick Fewings on Unsplash

もはやラスベガスはカジノのイメージよりも

エンターテーメントとグルメの都市です!

「ここにくれば何でもある」

とでも言ってるような豪華なラインアップ。

現在でもまだまだ開発途中というのが信じられません。

エンターテーメント

世界的に有名なシルク・ドゥ・ソレイユをはじめとして、

圧倒的なスケールで繰り広げられる

ハイベルのショーが観れます。

 

英語不要の家族で楽しめるショーも沢山。

シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)

日本で公演する演目はテントでおこなう

期間限定公演ですが、ここラスベガスでは

その演目のためだけに作られたステージで

常設公演をおこなっています。

このステージが凄いのです!

現在、ラスベガスでは7つのショーを公演しています。

おすすめはこれらの3ショーです。

O (オー)

ステージが一瞬にして巨大プールにかわります。

こんなステージは世界でもラスベガスだけです。

その上で繰りひろげられる華麗な舞いと美しく

しなやかなアクロバットが圧巻です。

料金:$107.37~$179.85(税込)

場所:噴水ショーが行われるベラージオ(Bellagio)

休演日:月、火

KA(カー)

大な舞台設備や炎の舞い上がる演出は

想像をはるかに超え驚きの渦に巻き込まれます。

オーを観た時にはこれ以上のショーは無理と

思っていましたが、さすがシルク!と感動する

迫力の舞台です。

料金:$75.21~$250.70(税込)

場所:MGMグランド(MGM Grand)

休演日:木、金

Mystere(ミスティア)

1993年よりロングランヒット!

ラスベガス進出第一弾作品でシンプルながらも

やはりシルク・ドゥ・ソレイユの

独特な世界観が加えられている人気のショーです。

料金:$75.21~$136.25(税込)

場所:トレジャー アイランド (TI – Treasure Island )

休演日:木、金

 

公式HP:Cirque du Soleil

ダンス系

Jabbawockeez( ジャバウォッキーズ)

ジャバウォッキーズは世界で最も影響力のあるダンス集団。

特徴的な白いマスクに色鮮やかな衣装、

複雑なダンスの動きと最先端の技術が見どころです。

料金:$79.56~$119.90(税込)

場所:MGMグランド(MGM Grand)

休演日:火、水

サーカス

スポンサーリンク

Gregory Popovich Comedy Pet Theater

アニマルシェルターから保護したワンちゃんや猫ちゃんと

元ボリショイサーカスのジャグラーが繰り広げる

コミカルな曲芸ショーです。

無理やり芸を教えるのではなく、それぞれの特技を

芸としてショーに取り入れているスタイルで

子供連れのファミリーに大人気です。


料金:$49.99~$59.99

場所:プラネットハリウッドにあるミラクルマイル内

休演日:月に数回の日、月

アクティビテイ

Photo by NeONBRAND on Unsplash

のんびり系

ホテルのプール

3月下旬から4月上旬~10月まで利用可能が一般的です。

我々には少し肌寒く感じる日でも

プールを利用する人達は多いです。

ホテルによっては波が出るプール、流れるプール、

滝付きのプール、

滑り台つきのプールなどがあり

各ホテルのスタイルがあります。

※宿泊客のみの使用で無料

Shark Reef(サメの水族館)

サメが泳ぐ水槽を中心とした水族館で

水が貴重なラスベガスには珍しいのです。

この水族館では、100種2000匹もの生物を

展示しているそうですので、

夏休みの自由研究にも良さそうですね。

場所:マンダレイ・ベイ・ホテル内

入場料

大人:$25
65歳以上:$23
4~12歳:$19
3才以下:無料

絶叫系

VooDoo Zip Line

ホテルの本館と新館のそれぞれの屋上を結ぶ形で設置されたライド

飛行機のシートベルトのような固定のみで

バーやベルトなども一切ないのが恐ろしいです。

場所:リオ・オールスイーツホテル(Rio All-Suite)

料金:$27.99

SlotZilla Zip Line

アーケードの天井を進むジップラインです。

座るタイプと腹ばいになるスーパーヒーロースタイル

の2種類です。

場所:ダウンタウンのフリーモントストリート

料金:座るスタイル:$25/スーパーヒーロー:$45

INSANITY

ストラトスフィアタワーというラスベガスいち高い

展望デッキ部分にある絶叫マシン。

地上320mの上空でブランコ部分が回転しながら

ブランコ部分はどんどんと広がり、傾斜します。

料金

大人:$20
12歳まで:$14
宿泊客:$5

場所:ストラトスフィアタワー

x-SCream

みているだけでも

足がワナワナしてきます。

画像でも後部席の男性をみると

どれほどの恐怖かわかりますね。

料金

大人:$20
12歳まで:$14
宿泊客:$5

場所:ストラトスフィアタワー

The Roller Coaster

正統派のローラーコースターですが

時間も約3分とジェットコースターにしては長いのです。

場所:NYNYのホテル

料金:$15

豪華すぎる無料ショー

 

これが無料で観れるなんて!

と感動するレベルのショーです。

Fremont Street Experience

長さ450mのアーケードの屋根一面に、

1250万個のLEDライトが組み込まれ、

55万ワットの音響システムで流れる曲に合わせて、

明な映像が映し出されます。

上演は毎日、日没後に1時間に1回ですが

数種類のパターンがあり時間があれば2~3回は

観ても楽しいと思います。

ベラージオホテルの噴水ショー

ベラージオホテル前の湖で演じられている

ラスベガスで最も人気があるショーです。

椅子があったらずーっと観ていられるほど素敵。

関連記事はこちら

ラスベガスの名物!ベラージオ噴水ショーの全曲目を大公開!

まとめ

今回はインパクトの強いものをご紹介しましたが

まだまだ楽しみどころは沢山あります。

絶叫マシーンは乗らなくても間近でみるだけも

恐怖で足ががくがくしてしまうほどですが

平気で乗る人が多くて盛り上がっています。

私はどちらかというとエンターテーメント派ですから

アクティビティは撮影隊にまわっています♪

 

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。