Uber?Lyft?アプリを使った配車サービスを利用する

スポンサーリンク

個人旅行の場合、目的地の空港に着いてからの移動はバス、タクシーもしくはレンタカーが一般的でしたが数年前からUber(ウーバー)、Lyft(リフト)というアメリカ生まれのスマホアプリを使った配車サービスの利用者が増加中です。

 

数年前に私もこのサービスを知り興味津々で、どうしても体験したくてやっと2016年にそれが実現しました!

今回は私が実際に女性2人で行ったラスベガスでの利用をまとめてみました。

 

便利そうだけど、アメリカで知らない人の車に乗るというのは不安だという方の参考になればと思います。

Uber(ウーバー)とLyft(リフト)

 

Uber(ウーバー)とLyft(リフト)は、今アメリカではもう当たり前になっている、配車サービスのことです。

タクシーとの違いはドライバーが一般人というところで、空いた時間を利用してタクシー運転手のような仕事を行います。

スマートフォンがあれば、今いる場所に、数分で迎えの車を呼ぶことができる画期的な送迎サービスなのです。

タクシーとの違い

予めアプリに行先を入れているのでドライバーのスマートフォンには、正確な目的地までの道のりが表示されています。

なので、聞きとってもらえないとか場所がよくわからない等の混乱がありません。

 

また、アメリカには流しのタクシーはほとんど走っていません。

道で突発的にタクシー拾うのは大都会の街中以外だと難しいのですが、Uber(ウーバー)とLyft(リフト)は指定した場所に迎えに来てくれます。

 

タクシーは目的地までの料金が着くまでわからずドキドキしたり、チップの計算もややこしかったり、ぼったくり被害にあわないか等の不安もあります。

Uber(ウーバー)もLyft(リフト)も支払は予め登録したクレジットカードで決済されますから、降りる時にいちいち財布を出す手間が無く、料金は配車手配の時点で行き先を入力しているのでチップ込みの料金形態で算出されているので、計算する煩わしさがないのです!

そうはいっても、何かちょとしたサービスを受けたり感じが良かったりしたら$1~2のチップを渡すと喜ばれます。

チップ込みでも一般的なタクシーと比較して料金が安いです!

安全面はどうなのか?

さらに旅行者にとって安心なのは、UberLyftはドライバーと乗客の情報が登録されていますので、誰がいつどの車に乗ってどこへ向かったのかという記録まで残り、料金やルートがアプリ上で確認でき、非常にクリアなのです。

また、ドライバーを利用者が評価するシステムになっていますから、劣悪なサービスで不快な思いをすることもありません。

評価は5段階です、4.5以上のドライバーなら安心して良いと思います。

ドライバーの評価が悪いから乗りたくないと思ったら、配車確定した後でも5分以内であれば、いつでもキャンセルすることができます

めったにないですが、評価が「4」以下ならやめておいたほうが良いかもしれませんね。

実際に利用した結果

スポンサーリンク

Uberを日本でインストールし、ラスベガスでいざ利用しようとしたら不具合が!

まったく原因もわからず、どうしようかと思いホテルのコンシェルジェにダメもとで聞いてみました。

数人でいろいろ試してもらいましたが、さっぱりわからず凹んでいた時にLyftをインストールしてみようという事になり試してみるとスムーズに起動!

Uberは知ってたけど、この時(2016年)はまだLyftの存在を知らなかったのですがアメリカではUberと同じくらい人気があったのです。

 

困ったときはコンシェルジェというのは本当だったのですね、もちろんチップを渡すのも忘れてはいません

この時は$10でしたが、「また何かあったらいつでも来てね♪」と非常に喜んでもらいました。

少々トラブルがありましたが、結果は良好です♪

利用してよかったポイント

簡単な操作ですぐに乗車できます。

滞在期間中9回利用しましたが、車もきれいでドライバーも様々な国籍の方が多く皆さんとてもフレンドリーでした。

Hip Hopをガンガンにかけて迎えにきてくれたドライバーは、我々を乗せて走り出すと控えめな音楽に変更したり裏道を通る際には前もって知らせてくれる等の配慮をしてくれたり、目的地までガイドをしてくれるドライバーもいたりして楽しかったです。

 

料金もタクシーと比べると断然お得です!

想定外だった事とその対応

ドライバーから電話がかかってくる

アプリに目的地やピックアップ場所を入力するだけかと思っていましたが、9人中5人は電話を掛けてきました

もうすぐ到着するというお知らせとホテルのどこにいるのかの場所の確認などです。

ラスベガスはホテルの正面玄関から道路まで距離があるので、正面玄関入り口でなのかホテル前の道路脇なのか確認してくる人もいました。

ただ、現在はホテルでもライドシェアー専用のスタンド決められていますからあまりそういった確認は不要かもです。

 

建物番号を伝えるとスムーズ 出先で迎えに来てもらうときは建物の番号を伝えるとスムーズに見つけてもらえます。

Trader Joe’sだけだと広い敷地のどの方向にあるのかもわかりにくいのです。

 

建物の上に番号がついています、それが番地になりますからこの番号を聞かれます。

 

呼ぶ前に番号を確認しておき、電話がかかってきたら落ち着いて

「I’m in front of (Trader Joe’s ), Building Number is (2315)」(アイム イン フロント オブ(店の名前など)、ビルディング ナンバー イズ( ツウ スリー ワン ファイヴ)といいましょう。

まとめ

UberやLyftのドライバーは現地に暮らしている一般人の方々なので日本語対応はほとんど無理です。

簡単だけどある程度の英語は必要なりますから、英語が全然だからという人やお金にゆとりがある人は、割高になるけどタクシーとかチャーター車がいいかもしれません。

そんなに話せないのがドライバーに伝われば理解しようとしてくれますし、それほど話しかけられることもないと思います。

英語が苦手でもアプリの操作ができて、コミュニケーションが取れると利用する価値は有りです!

私はやむをえずもありLyftを利用しましたが、どちらかひとつだけでなく両方インストールしておくと便利ですね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。