幾ら払えばいいの?チップについての心配事はこれで解消!

スポンサーリンク

旅行前の気になる事のひとつにアメリカの「チップの習慣」がありませんか?

 

チップって絶対に払わないといけないの?

どんな時に払うの?

 

と、何かにつけて気になってくるチップ

日本人は習慣の違いのせいか、悪気がなくてもうっかり忘れてしま事もあり

 

日本人はチップを払わない=マナーを知らない

 

なんて思われてしまうのです。

思われるだけでなく、トラブルになる可能性もあります。

 

チップ大国のアメリカに行くのに「知らなかった」じゃダメ~

初めてアメリカへ行く方には、是非とも知っておいて欲しいチップのお話です。

チップはアメリカでは必ず払わなければいけないもの

チップの意味

チップとはサービスに対する感謝の気持ちと思われがちですが、

実は!

チップ制従業員の人達にとっての「給料の一部」なのです!

「感謝の気持ち」だけではないのです。

 

アメリカのサービス業で働く人々は元々の給与(基本給みたいなもの)が低く設定されている為、

チップは収入の大きな一部となります。

歩合制みたいなものなのでしょうか

 

なのでそのままの給料だけでは生活がきびしく、その不足分をチップで賄っていますから

チップは「もらえる前提」とされている大切な収入源!

 

これがもらえないとなると、働いている人にとっては大きな痛手になります。

チップの金額はサービスの内容や場所によっても異なりますが、

アメリカでは必ず払わなければいけないものと覚えて下さい。

チップを必ず払う場所とは

レストラン:合計金額の15〜20%

ただし!Service ChargeGratuity Included と書いてあると

これは既に支払いの合計金額にチップが含まれています。

※支払い時に持ってきたレシートはしっかり確認をしましょう!

 

ホテルのルームサービス、コンシェルジェ、荷物移動:

通常は$1~$2ですが高級なホテルだと$5~$10が相場といわれています。

※バレーパーキングのようにホテルやレストランに入る時に車を預けてキーを渡し、

帰り際にまた車を持ってきてもらった時には$2~$5

 

バフェ(日本のバイキング):

バフェ」スタイルは先にお会計を済ましてることが多く、席をたつときにテーブルに1人$1~$2

 

カフェでも簡単なサービスが付く場合:10%〜15%

 

タクシー:15〜20%(通常15%、ドライバーに荷物を載せてもらった場合20%)

 

サロン系(ヘアやネイルなど):15〜20%

 

ツアーバスのドライバー: $1~$2

 

ツアーガイド: $5~$15

 

リムジン,チャーター等の専属のドライバー:

$5~$10、もしくは合計の15%〜20%を支払います。

※一般道路のバスの運転手にはチップを払う必要はなしです。

 

担当がついて個別にサービスしてくれるところや、自分の荷物を運んでくれたり預ってくれるなどの、

プラスアルファのサービスがついたところではチップが必要です。

チップを払わなくてもいい場所

デパートや小売店等

ファストフードやフードコート、コーヒーショップ等

街中にあるコンビニ・売店的なところや屋台

 

基本的には、自分で商品を持って行ってレジだけ店員がする場所ではチップは不要です。

 

Uber(ウーバー)やLyft(リフト)等のライドシェア―を利用する場合はチップは不要ですが、

私は荷物が多い時に手伝ってくれたり、ちょっと車を止めて待っててもらったりした場合は$1~$2渡しています。

 

ファストフードやスタバのようなコーヒーショップもレジの脇にスタッフみんなでシェアする透明のチップボックスがあったりします。

店員さんがとても感じ良かったり、親切だったり気持ち良い接客を受けたら$1くらい入れてあげたりもします。

 

気は心ですよね、人間だもの…

 

簡単なチップの計算方法と支払い方

スポンサーリンク

計算方法

レストランではダブルタックスといってTAX(消費税)を2倍にして切り上げた金額をチップにします。

もしTaxが$7.33だった場合は、2倍にして切り上げると、$15ほどのチップになります。

計算も楽で、現地の人達にもこの方法は一般的です。

 

最近では優れたアプリもあって便利になりました。

 

例えば以下の2つのようなアプリ

Tip Cal ←オフラインで使用できます。

Tip Calculator 1人あたまの支払い金額も計算してくれます。

 

オフラインで使えるもの、無料、有料等たくさんあり

使いやすいなぁと思うアプリをダウンロードして利用するのが今ドキのようです。

現金で支払う場合

お会計をお願いすると、たいていは店員がチェックフォルダーに入れたレシートをテーブルまで持ってきてくれ、テーブルで会計を済ませます

おつりが無い場合はレシートの合計金額にチップをプラスした金額をチェックホルダーに挟んで、テーブルに置いたままお店を出ますが細かいお金がない時は(おつりが欲しい時)、お金と伝票を店員に渡すとおつりを持ってきてくれます

そこからチップ分をテーブルに置いてお店をでましょう。

カードで支払う場合

受け取ったレシートに合計金額とチップ額を別々に記入します。

レシートには Tip (チップ)と Total(チップを入れた合計)を記入する欄があり、

それぞれの枠に金額を記入して最後に Signature (署名)をするだけです。

チップのみを現金で払いたいときは、レシートのTip欄に「 Cash(キャッシュ)」と書いてチップをテーブルに置いておけばOKです。

まとめ

日本人にとってチップという習慣は馴染みがないため、

「チップを支払う=損をする」というイメージがあります。

チップをもらえないということは、日本でいえば会社からの給与をカットされるのと同じこと

もったいないとかいってケチらずに笑顔で気持ちよく支払いましょう♪

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。