ハワイ挙式もいいけどラスベガスで結婚式をあげるという提案

スポンサーリンク

海外挙式といえば、日本ではハワイが人気かもしれませんね。

でも、ラスベガスには、ハワイとは違った魅力があります。

ラスベガスがあるネバダ州は

婚姻手続きが簡単なことで昔から知られており、

毎日たくさんのカップルが世界中から訪れています。

 

24時間ユニークでお手頃価格のウエディングプランが

沢山あるウェディングの聖地ラスベガスで

個性的なウェディングをしてみませんか?

ウエディングの手順

Photo by Sarah Drisk on Unsplash

未入籍のカップル

まず当事者二人でダウンタウン近くの

Marriage License Bureauに行って必要書類と

写真付身分証明(パスポートなど)を提出し、

結婚の同意を互いに確認し合う書類にサインをして

$77を払い結婚許可書を取得します。

この窓口は、1年365日朝8時から深夜12時までの営業です。

 

Marriage Licenseは結婚を許可するだけなので

この許可書だけでは結婚したことにはなりません!

 

アメリカでは州で認められた人の前で結婚の誓約をします。

挙式を執り行った牧師様に署名をしていただいた後

Record Officeにて登記された時点で正式に

ネバダ州にて法的に結婚が認められたということになります。

結婚証明書(Marriage Certificate)は$15で発行してもらえます。

それを日本の役所に結婚証明書のコピーと和訳文を添えて

婚姻届を提出すると完了です。

※結婚申請には身分証明が必要とされています。

アメリカ人なら結婚申請の際の身分証明書としてはBirth Certificate(出生証明書)*もしくはSSN(社会保障番号)が必要になり、
日本人の場合は英語翻訳付きの戸籍謄本もしくはパスポートで問題はないと思います。

 

Birth Certificate(出生証明書)*

アメリカには戸籍がありません。

出産後に産科の医師が「アメリカ生まれである」という書類にサインします。

そして、これを役所に提出するとBirth Certificateという出生証明書を受け取ることができます。

これがアメリカ人であるという唯一の証明書になります。
 

Marriage License Bureau

201 E Clark Ave. Las Vegas, NV 89101

Clark County Recorder’s Office 

500 S. Grand Central Pkwy, 2nd Floor 
Las Vegas, NV 89155

入籍済みのカップル

日本ですでに入籍を行った後にラスベガスで結婚式を挙げることも可能です。

過去に入籍のみ済ませたけど、何らかの事情で

まだ結婚式を挙げられていない方が行うケースや、

結婚記念日に再度結婚式を挙げられるというケースも多いみたいです。

入籍が住んでいると役所に行く必要はありません

直接チャペルで式を挙げることができます。

教会で挙げる

Photo by Debby Hudson on Unsplash

A Little White Wedding Chapel 

ドライブスルーの結婚式ができることで有名な

チャペルですが、過去に有名人も沢山

この教会で挙式を挙げています。

予算:$75~

Graceland Wedding Chapel

青い屋根、白い壁、石造りの時計塔など、

キュートな外観が印象的です。

ボンジョビなどの数々のセレブも結婚式を挙げ、

映画にも度々登場したラスベガスの

フェアリーテールウエディングをイメージして

1950年に建てられたグレイスランド・ウェディング・チャペルです。

予算:$199~

Little Church of the West

リトル・チャーチ・オブ・ウエストは

50年以上の歴史を重ねたクラシックなチャペルです。

アメリカの歴史的建造物に認定されていて、

古き良きアメリカを思い起こさせる

カントリー調の外観がとてもいい雰囲気です。

予算:$209~

ユニークなウエディング

Photo by Han-Hsing Tu on Unsplash

スポンサーリンク

ドライブスルー

オープンカーに乗ったまま牧師様の祝福を受ける

ドライブスルー挙式は、ユニークなスタイルで

エンターテイメントの街ラスベガスならでは

ウエディングです。

海外で短時間のシンプルな挙式がしたい方にぴったりです。

予算:$50~

大観覧車

世界最大の大きさを誇る観覧車「ハイ・ローラー」での挙式です。

プライベートな空間でストリップの景色を長めながらの挙式です。

予算:$995~$4,775

The Mob Museum

禁酒法時代のシカゴのギャングとして有名な

アル・カポネ、マフィアの組織犯罪改革者

ラッキー・ルチアーノ、賭博の街ラスベガスの成立にも

関わったバグジーなど、米国の歴史的な組織犯罪と

法執行の様々な資料を展示する

国立博物館「モブ・ミュージアム」で行われる挙式

予算: $600~

タイタニック グランド階段

ルクソールホテルのタイタニック展に展示されている

グランド階段で挙式が行われます。

予算: $2,500

まとめ

海外挙式をされる方だけでなく

随分前に入籍はしたけれども

挙式をしていない方や結婚記念日にもう1度

なんて方にもおすすめです!

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。