スーツケースなどの荷物にネームタグはつける?つけない?

[ad#co-2] (※この記事は2018年12月に更新しました。) スーツケースなど荷物にネームタグをつけますか? 自分の預けた荷物が、紛失してしまった時の対策 という点では、スーツケースなどに装着すことは 大変効果的なのですが、ネームタグをつけていれば 個人情報が流出してしまうこともあります。 荷物につけるネームタグには住所や氏名、 電話番号、取扱いの旅行会社名など重要な個

続きを読む

お土産が入らない!旅行の荷物を必要最小限にまとめるコツ!

[ad#co-2] 旅行に行く際の荷物は多くありませんか? 荷物の量が多くなるのは不安や心配からくるそうです。 「もしかすると使うかも…」 「いざというとき困るから…」 と思って、いろいろなものをカバンに入れてしまい 気づけばスーツケースはパンパンです。 しかし残念ながら、 持って行っても使わないことが多いのが現実です。 さらに、余分に持ってきたせいで お土産などで

続きを読む

【国際線】機内で飲むアルコールは地上の数倍酔いやすい!?

[ad#co-2] 国際線の機内ではアルコールが無料なケースが多く、 ビールやワインと一緒に機内食をいただきながら 新作映画を観るのが楽しみという方も 多いのではいでしょうか また、海外旅行の開放感から、普段は飲まないのに つい飲んでしまう場合もあります。 しかし、飛行機内での飲酒には注意が必要です。 空高く気圧の低いところを飛ぶので地上よりはるかに酔いやすいのです。

続きを読む

海外旅行にいく時の予約はいつ頃から?キャンセルはできる?

[ad#co-2] 海外旅行に行きたいけれども 「予約はいつ頃にしたほうがいいのか」 って思いませんか? また、時期によっては予約のタイミングや 急なキャンセルをしたい場合はどうなるのか 等、わからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回はシンプルに海外旅行を申し込むべき時期や キャンセルについてまとめてみました。 予約ができる時期 Photo b

続きを読む

旅行前に知っておきたい「エコノミ―クラス症候群」の予防法

[ad#co-2] 「エコノミークラス症候群」って聞いたことがありますか? 飛行機の狭い座席に長時間同じ姿勢で 座ったままでいると発症しやすいことから この呼び名が一般的に知られるようになりましたが 「旅行者血栓症」や「ロングフライト症候群」とも 呼ばれていて、座席のクラスには関係なく 誰もが発症する可能性をもっています。 しかし、逆に 発症のメカニズムが明らかになっているた

続きを読む

グループや大家族の旅行で宿泊先の部屋を隣にしてもらうには

[ad#co-2] 大人数でホテルの部屋に宿泊する場合は 数部屋にわかれますよね? 日本ならよほど込み合っていない限り それぞれの部屋が近くなるように 部屋を選んでもらえますが、アメリカは違います。 同じフロアどころか階まで違うこともあるのです。 できれば隣同士や最低でも同じフロアがよくないですか? そういう場合はホテルにリクエストをしてみると うまく対応してもらえる場合

続きを読む

ハワイ挙式もいいけどラスベガスで結婚式をあげるという提案

[ad#co-2] 海外挙式といえば、日本ではハワイが人気かもしれませんね。 でも、ラスベガスには、ハワイとは違った魅力があります。 ラスベガスがあるネバダ州は 婚姻手続きが簡単なことで昔から知られており、 毎日たくさんのカップルが世界中から訪れています。 24時間ユニークでお手頃価格のウエディングプランが 沢山あるウェディングの聖地ラスベガスで 個性的なウェディングをしてみま

続きを読む

旅行中にうっかり日焼け!ホテル簡単にできる応急処置とは?

[ad#co-2] カリフォルニアの夏は日差しは強くても 湿気がないので日本よりも暑く感じません。 だからといって、ちょっと気を抜きUVケアを怠ると 思ったより日焼けをしている場合があります。 日中は観光やショピングに夢中で気づかず ホテルに戻る頃には肌がヒリヒリするなんてことも! そんな時は直ちにケアをしてください。 早ければ早いほど肌への影響を最小限にできるからです。

続きを読む

海外の高級ホテルに泊まる前に知っておきたい暗黙のルール!

[ad#co-2] 海外旅行で迷うのはホテル選びです。 ちょっと奮発して5ツ星ランクの ゴージャスなホテルに泊まってみたいと 思ったことはないですか? その理由は? 「最高のサービスが受けられるから」 「リラックスできる」 「快適な時間が過ごせる」 など、 普段の生活にはない時間を楽しみたいですよね。 しかし! せっかく高いお金を払って5つ星ホテルに泊ま

続きを読む

1時間の差があるサマータイムって何?いつから?いつまで?

[ad#co-2] サマータイム(夏時間)ってよく耳にしますが 日本では馴染みがないのであまり 気にした事はないかもしれません。 ヨーロッパや北アメリカの国々を中心に、 この制度を実施していて 日の出時刻が早まる時期(3月~11月)に 時計の針を1時間進めて太陽の出ている 時間帯を有効に利用することを目的とします。 旅行先の国がサマータイムを導入している場合、 飛行機の

続きを読む