ビールが安い!アメリカでは「IPA」と「HPA」が人気?

スポンサーリンク

アメリカのスーパーにあるビールのコーナーで増えてきた「IPA」の文字。

クラフトビール醸造所ではもはや定番として作られており、日本でもクラフトビールのお店に行くとみかけるようになりました。

このIPA(アイピーエー)っていったい何のことでしょうか?

IPAって何?

IPAは知っているけどHPAって何??

と気になりませんか?

今回はアメリカで人気のIPAビールと新しいHPAビールのご紹介です。

IPAとは「インディア・ペールエール」の略称

IPAは強いホップの苦みと高いアルコール度数(5%~7.5%)が特徴のペールエールというのもビールの種類です。

ペールエールとは?

ペールエールとは、18世紀にイギリスの代表的なビールとして飲まれていた上面発酵によって醸造されたビール。

上面発酵は大量生産ではなく職人が小規模で生産する、クラフトビールの製造方法。

ペールは淡いという意味で、当時一般的だった黒ビールに比べて淡い色合いをしているためにそう呼ばれるようになったといいます。

エールはやや高めの温度(20~25℃)で発酵させることで生まれる、フルーティな香りと個性的で奥深い味わいが特長の「ホップを入れない醸造酒」のことです。

実はイギリスが発祥

イギリス発なのになぜインディアなのか?

それは、インドがイギリスの植民地だった頃に、母国のビールを懐かしむイギリス人達へイギリスからインドまでペールエールを輸送していました。

その輸送中に腐らせてしまわないよう、防腐剤の代わりにもなるホップを大量に使用して作られたのが「IPA(インディア・ペールエール)」のはじまりと言われています。

祖国を恋しがるイギリス人に届けられたビールは、従来のペールエールに比べてホップの芳醇な香りと苦味が加わりプラスアルコール度数も高く、パンチの利いた新しいビールとして楽しまれるようになり、世界中に広まっていったのです。

アメリカンIPA

一般的なIPAは、イギリスのホップを使用したIPAの事。

アメリカのホップを使用してIPAを作れば、それはアメリカンIPAという種類になります。

北米産のホップを使用して作られる西海岸を中心に誕生したアメリカンIPAはスーパーで激安で販売されています。

例えば、悪魔のロゴで有名な「STONE IPA」ビールは日本では355mlが一缶600円以上はしますが、ロサンゼルスのスーパーでは税込でも200円以下です。

アメリカに行ったらビールはミネラルウォターより安く買える時がありますから、つい飲み過ぎてしまいます。

アメリカまで行くことはなかなかできないけど飲んでみたい方

Stone Brewing(ストーンブリューイング)がアマゾンで販売していて1本から購入できます♪

輸入品は現地で買うよりも当然割高ですが、旅費や滞在費を考えると安いです(←ポジティブ思考)!

  • シトラスフレーバーとホップの苦味の絶妙なバランス
  • スタイル:India Pale Ale
  • アルコール度数(ABV):6.9%
  • 苦味レベル(IBU):71
  • 原材料:麦芽、ホップ

Stone Brewing(ストーンブリューイング) Stone IPA ストーン アイピーエー 355ml 缶 アメリカ クラフトビール

1では満足しないもっと飲みたいかたは、12本セットもありました↓

アメリカ クラフトビール業界のカリスマ ブリュワリーの看板商品 ストーン IPA 355ml x 12本

HAPとは「ヘンペラー・ペールエール」の略称

スポンサーリンク

The Hemperor HPAのヘンペラーとは?

Hemp/ヘンプ(大麻)とEmperor/エンペラー(皇帝)をかけたHEMPEROR (ヘンペラー 大麻の皇帝)という造語です。

このHEMPEROP、大麻合法化運動の立役者でもあるジャック へラーのニックネームでもあります。

1939年にアメリカ合衆国生まれ、2010年没したマリファナの権威として世界的に有名な存在だった人。

なぜそんな人のニックネームが??

まっ、まさかこのビールは?!

はい、そのまさかのビールなのでした。

大麻の香りビール?!

大手ビール業者が2018年4月に発売した新しいスタイルのIPAビールです。

Hemp…大麻?!

大丈夫なのですか?!

と不安になった方もいらっしゃると思いますが、幻覚の原因となるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は含まれていません。

もちろん、リラックス効果や痛みを和らげるといわているCBD(カンナビジオール)も含まれません。

Hemperor HPAはミディアムボディで、ハーブ大麻の甘い香りと苦い仕上がりのライトゴールデンビールです。

このビールが今じわじわきています!

6瓶入りで$13.99はIPAや他のビールより少しお高め?

 

ちなみに、カリフォルニア州では2018年の1月1日嗜好用大麻が解禁になりました。

それに伴いロサンゼルスでは空港でさえ、大麻を購入できる(条件あり)ショップがでるほど積極的な都市になっています。

ただし!

ビールは問題ありませんが、日本の大麻取締法では、日本国民の場合は日本国外の合法の地域での使用も処罰の対象となりますので大麻の購入や使用はダメですよ!

まとめ

さて、日本のスーパーではキリンが販売するIPAビールがありますがJPL

何かと思いましたら、ジャパン・ペールラガーと書いてありました。

上面発酵で造られるエールとは違い、下面発酵で造られるビールを「ラガー」といいます。

のどごしが良くすっきり爽快、ゴクゴク飲めるのが特徴のビール。

こちらも飲んでみたいけど近くのスーパーには無いという方!

3種類セットがアマゾンで購入可能でした。

日本のメーカーさんも頑張っています、白ワインのようなホワイトビール??

私もまだこのビールは飲んだことがないし、近所のスーパーでもまだ見かけませんから一度飲んでみたいと思います♪

【Web限定】グランドキリン 3種詰め合わせ6本セット 350ml×6本

 

最後に、

アメリカのスーパーでビールを買う時にはID(パスポートなどの身分証明)が必要です。

忘れないよう気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。